若い頃の勃起と現在の勃起の変化

投稿者: | 2017年3月29日

看護師の姉

私は大変なおませで幼稚園の頃から好きな子がいました。一番最初に好きになったのが実の10歳年上の姉でした。姉はすごく私をかわいがってくれたのでいつ間にか姉を好きになり異性として意識するようになってきました。姉は当時看護の仕事をしていたので帰ってくるといつも美味しいお菓子を買って来てくれたりかわいい服を買ってきてくれたりしました。そうこうする内に姉が実家に友達を連れて帰ってくるようになるとすごく嫌になり異性として意識していた姉を見ると勃起がどんどん進み大きくなっていきました。

小学校時代

また、小学校から中学校にかけても好きな恩なのがいるだけで勃起が大きくなりその頃から男性ホルモンが増加しすね毛も身体中の毛も黒くなり陰部の毛もクラスで一番先に生え始めました。また、その陰部の大きさも半端な大きさではなく数センチからすう十センチに及んだのです。そして、段々勃起の太さも長さも並外れた大きさになりおかげで学生ズボンが入らなくなり無理やりねじ込んでも陰部だけが突出しすごく目立ってしまいズボンを履くのも買うのも大変でした。特に修学旅行の時にはいくらタオルで隠しても余りの大きさで隠しようがなくおまけに体中の毛が真っ黒なためよくオランウータンやチンパンジーとからかわれました。

大学生時代

しかし、大学に入って少し精神的に落ち着いていた頃よく異性と遊びに行き家へ帰るとよくそのかわいい異性に好意を寄せながらまた、少し治まっていた勃起が始まりパンツの陰部がべたべたになりました。しかし、包茎だけは不思議となおりませんでした。

世間の男性は年頃になったら包茎しない子は包茎の手術をしていましたが不思議と私は楽観的でした。しかし、あまりにも遅いので手術することにしました。そして、人前でも堂々地とお風呂や旅行のときになど何も気にせず入ることが出来るようになりました。

社会人時代

社会人時代

それはそれでいいのですが私は恋する相手が全て年上で30台くらいまでは幼少から高校のころまでは物凄く勃起していたのですが段々同年代の異性が結婚していくに連れて異性に対して関心がなくなりあまり勃起しなくなり陰部も段々小さくなっていきました。それが40代の頃です。

しかし、45歳のときに運命的な出会いが訪れました。ドクターが離婚しこともあろうに私がその奥さんから頻繁にデートに誘われ付き会う様になったのです。しかし、いくら異性とはいうものの他の異性とはものが違いとてもチャーミングな女性でした。そうすると自然と関係は深まり私も17歳年上の彼女を本気好きになり一度は治まっていた勃起不全が再び顔を出し始めのです。そのころはお金もあり綺麗な元ドクター婦人の彼女を本気で愛し毎日毎日どこにいても彼女のことへの思いにたけっていました。

しかし、あるときから17歳年上の彼女が還暦を過ぎた頃、女性特有の臭い体臭の臭いがしてから段々といやになってきました。さすがこんなおませの私も70歳に近い彼女を好きになれず段々思いもなくなり発起がなくなってきました。

そし今日私は56才です。まったく異性に興味が薄れ逆に興味がなくなってきました。ですから最近は殆ど勃起したことはありません。殆ど勃起不全です。

しかし、綺麗な異性を見るとやはり生来の血が時折騒ぎます。

そして未だにラブレターを書いたりファックスを送ったりして相手の異性に迷惑をかけてたしまうこともあります。しかし、もう年齢です。若い頃のような異性に対する興味もなくなりました、陰部は段々小さくなっていく一方です。とても寂しい気もしますがこれが現実だと諦めています。

若い頃と今では本当に大違いです。しかし、いくら勃起不全にになっても恋だけは捨てません。

時折17歳年上の彼女の ことを思いながら勃起しています。勃起に年齢は関係ありません。勃起不全を直すには人一倍素敵な恋をすることで改善していくのかとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です